軽貨物業界の今(withコロナ戦略、afterコロナ戦略)

最終更新: 4月19日





 皆様、お久しぶりです。


 Afterコロナ( アフターコロナ )にはならず、Withコロナ( ウィズコロナ )時代が続いております。


 ▼軽貨物業界の今


 軽貨物運送業界にも様々な影響を及ぼしている「新型コロナウイルス(Covid-19)」ですが、現在のコロナ渦においても、新規問合せや独立希望や協力会社希望や求人など様々なお問い合わせをいただいております。


 最近のお問い合わせの多くが、他業種からの運送業界へのシフトチェンジが多く見られます。


 軽貨物業界は特に参入障壁が低い業界です。しかし、参入自体は出来ても拡大するためには、培ってきたノウハウが必要不可欠です。理由としては、利益・売上を上げるためにはマンパワーが必要であり、そのマネージメント力やトラブル時の対処能力が必須となるからです。


 他業種とは異なる独特な解決方法やマネージメント方法があり、特に荷主様との折衝や営業や関係構築は今までの経験値が物を言わせます。

つまり、独立自体は容易に出来て、参入することは出来ても、実際に利益率の高い仕事で稼働することは、相応の実績などを求められるため、継続率が悪い業種とも言えると考えております。

 

 ▼軽貨物運送専門の株式会社SGが行うwithコロナ戦略・afterコロナ戦略とは


 弊社では基本的に、積極的なアウト営業は行わず、インバウンド営業に舵取りを変えました。その結果、コロナ渦においても沢山のお問合せをいただいております。

問合せをいただくためにはいくつかの要素が必要ですが、その大部分を占めるのはアクセスの部分です。


 弊社のアクセス数は広告費による物ではなく、検索エンジンの最適化によるものです。

詳細こそ述べれませんが、「OOO」という検索数の多いキーワードでの上位化をするために、「OOO+@@@」のような複合キーワードを検索エンジンのサジェストなどで選定し、上位化するための施策を練っています。


 その結果、「OOO+@@@」「OOO+***」「OOO+OOO」が上位化された後に、結果として当初求めていた「OOO」という検索数の多いキーワード(ビッグキーワード)も上位化を達成しております。

弊社では、アナログ商戦だけでなくデジタル商戦をジョイントしたアナデジ戦略を駆使しています。弊社での独立希望者や協力企業様に対しては、弊社独自のメソッドを伝授し、確固たるポジションを築いていただきたいと考えております。


 コロナ時代には、協業他社を蹴落とすのではなく、手を取り合って共存することがとても重要と考えております。

 ぜひお問合せくださいませ。



 ▼荷主様

https://www.sgtokyo.com/client


 ▼協力会社様

https://www.sgtokyo.com/partnership


 ▼独立開業支援

https://www.sgtokyo.com/entrepreneurship


 ▼SEO/MEO/Google for Jobs/HP製作

https://www.consulsg.com





210回の閲覧0件のコメント