top of page

軽貨物運送事業への新規参入・事業転換は
株式会社SGにお任せください

あなたの会社の【軽貨物運送業界での成功】はここから始まります。

Scroll down

株式会社SGは、軽貨物運送業界への新規参入や事業転換を考えているあなたを全力でサポートします。

私たちはあなたの会社が、貨物軽自動車運送事業での成功へと導くために必要な

業界の深い経験と専門知識を提供し、一緒に未来を切り開くためのパートナーとなります。

私たちと一緒に、新たな業界での挑戦を始めてみませんか?

当ページは事業転換希望(新規参入希望)の企業向けページとなります。

現在既に軽貨物運送事業を継続して営んでいる場合には、協力会社(パートナーシップ制度)の

ページがございますので​、こちらのページよりお進みくださいませ。

こんなお悩みを抱えてませんか?

軽貨物運送業界は、参入障壁が低い、ハードルが低いビジネスモデルです。このため、多くの他業種から新たな企業が続々と参入しています。新型コロナウイルスの影響が次第に落ち着きつつある現状でも、ラストワンマイルにあたる軽貨物はライフラインとしての役割を担うため、堅調な需要が見込まれます。

既存の事業だけでは経営が厳しく、新たなビジネスモデルを探している企業様は多いかと思います。そこで株式会社SGは、軽貨物運送事業への新規参入や事業転換を目指す法人様、店舗様を全力で支援します。軽貨物運送業界の深い経験と専門知識を活かし、あなたの新たな事業への道のりをサポートします。

協力関係のもと共に新たなチャレンジを始めましょう。事業転換の一歩は、まさにここから始まります。株式会社SGと共に、軽貨物運送業界での新たな成功をつかみ取りましょう。

現在の事業に不安がある

自分の会社の現状に不安を感じている方は多いです。収益が伸び悩んでいる、競合が増えてきた、業績が頭打ちになっている、などの悩みを抱えていませんか?また、技術の進歩や市場の変化により、これまで安定していた事業が突然に立ち行かなくなる可能性もあります。こんな時、新たなフィールドへの進出を考えてみたことはありますか?事業の多角化はリスク分散と成長のチャンスをもたらします。軽貨物運送業界は、幅広い業界からの新規参入が可能な一方で、成長性があります。また、株式会社SGが全面的にサポートしますので、新業界への挑戦も安心してチャレンジできます。

既存の事業を活かせる事業があるのか

既存の事業の知識や経験を活かしつつ、新しい事業を始めたいと思っていませんか?例えば、販売や製造業から物流業へ転換する際、製品の扱いや配送に関する既存の知識が活かせます。株式会社SGは、軽貨物運送業界への参入をお考えの企業様が持っている資源や知識を最大限に活用できるようにサポートします。あなたの会社がこれまで培ってきた経験やスキルを軽貨物運送業界で活かす道筋を一緒に考えましょう。どんな業界からの転換でも、軽貨物運送業界は大きな可能性を秘めています。もちろん隙間時間も活用可能です。あなたの会社の新たな一歩を、株式会社SGが全力でサポートします。

なぜ軽貨物運送業なのか

新しいビジネスの道を探している企業様、軽貨物運送業という選択肢はすでにご検討されましたか?物流は現在の日本において、社会的に重要インフラであり、ECの発展や生活様式の変化により、その需要は年々増加しています。参入障壁が低く、既存の事業に新たな価値を付け加える可能性を秘めている軽貨物運送業は、これからの時代にぴったりのビジネスフィールドかもしれません。さらに、私たち株式会社SGが全力でサポートします。具体的にどのような魅力と成長性があるのか、なぜ他の業界からの参入が多いのか、そしてなぜ私たちが選ばれるのかを詳しくご説明します。

軽貨物運送業の魅力と成長性

軽貨物運送業は、そのアクセシビリティと強固な需要によって際立つ魅力を持っています。運送業は社会のライフラインとしての役割を果たし、物流を円滑にすることで経済活動を支えています。EC(楽天・Amazonが筆頭)の急速な発展と共に、軽貨物運送業の需要はますます高まる傾向にあります。さらに、コロナ禍がもたらした新しい生活様式の中でも、軽貨物運送業はその存在価値を証明し、安定した成長を遂げています。

他業界から軽貨物業界への参入が多い理由

軽貨物運送業への参入は、参入障壁が低く、事業規模に関わらず多様な企業にチャンスを齎します。さらに、多くの企業がこの業界に参入する理由の一つとして、隙間時間活用などビジネスモデルの柔軟性が挙げられます。軽貨物運送業は、既存の事業に付加価値をもたらすための新しいチャンネルとして活用できるため、多くの企業がこの業界への参入を検討し、スタートを切っています。

株式会社SGが選ばれる理由

株式会社SGは、軽貨物運送業界への新規参入や事業転換を検討している企業様の信頼できるパートナーです。私たちは、業界の深い経験と専門知識を活かして、あなたのビジネスを成功に導くための全面的なサポートを提供します。私たちはあなたのビジネスが抱える可能性と課題を理解し、適切な戦略を共に構築します。株式会社SGと一緒に、新たなチャレンジを開始し、軽貨物運送業界で成功をつかみ取りましょう。

他業界から軽貨物業界への
参入後の進退

軽貨物運送業界への参入は、障壁が低く、新しいビジネスチャンスとして魅力的に見えるかもしれません。しかし、それはあくまで「スタートラインに立つ」までの話です。実際には、この業界で軌道に乗らせて継続的に生業とするためには、深い業界知識、経験、そして変化に対応する適応力が必要となります。株式会社SGは、その全てをお手伝いします。以下に、他業界から軽貨物業界への参入後に直面するであろう進退について詳しく説明します。

新規参入の障壁自体は低い

軽貨物運送業界への参入障壁は比較的低いことが魅力の一つです。大きな初期投資や特別な資格要件を必要とせず、運転免許と適用車両と少しの申請さえあれば軽貨物運送事業を始めることが可能です。しかし、参入障壁が低い=レッドオーシャンです。

業界のノウハウが必要

「郷に行っては郷に従え」業界への深い理解が必要不可欠です。適切な輸送ルートの選定、貨物の安全な扱い、効率的な輸送スケジュールの作成など、業務遂行には専門的な知識と経験が求められます。また、業界の動向や規制の理解も重要となります。

参入後の事業継続は非常に難しい

参入自体は簡単ですが、事業継続は容易ではありません。競争が激しく、他社との差別化を依頼主(荷主)にどのようにアピール出来るかが重要です。価格競争や新たなツールやテクノロジーの導入、業界の変化に対応する能力も必要となります。

参入障壁が低い≠成功しやすい

軽貨物運送業界への参入障壁が低いということは、成功も容易だという意味ではありません。業界の知識、経験、適応力などのノウハウ―これらが成功へのカギとなります。株式会社SGは、これらの要素をあなたの会社に提供し、成功をサポートします。

よくある事案
(開業から閉業まで)

軽貨物運送業への
新規参入・事業転換のステップ

軽貨物運送業への新規参入や事業転換は、計画的かつ効率的なアプローチが重要です。しかし、その手順は業界未経験の初めての方には複雑であるかもしれません。株式会社SGは、業界の経験と専門知識を活かして、全てのステップであなたをサポートします。以下に、事業開始までの具体的な手続きとタイムラインをご紹介します。さらに、株式会社SGがどのようにサポート体制を整えているかについても詳しく説明します。

事業開始までの手続きとタイムライン

軽貨物運送業への参入は、いくつかの手続きが必要です。以下に、主要なステップを簡単にご紹介します。

  1. ビジネスプラン作成: まず最初に、自社の強みや目指すビジョンを明確にしたビジネスプランを作成します。このステップでは、どの程度の収益を求めるのか、市場の調査や競合分析も重要です。

  2. 資金計画: 次に、事業開始に必要な資金を計画します。車両取得費用や設備投資や人件費、運賃等、全てのイニシャルコストやランニングコストを見積もることで、安定した運営が可能となります。

  3. 資格取得: 軽貨物運送業を営むためには、適切な資格が必要です。行政手続きは複雑な場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

  4. 事業設立: ビジネスプラン、資金計画、資格取得が完了したら、ついに事業を設立します。物流網の構築や人員配置など、実際の運営に向けた準備を進めます。

この一連のプロセスには数ヶ月かかる場合もあります。しかし、弊社のサポートがあれば20日前後で、事業開始までの道が開けます。

​黒ナンバー取得までの流れに関しては、以下のブログに詳しく紹介させていただいてますので、ご確認くださいませ。

軽貨物車両の黒ナンバーを取得するには?

費用や必要書類をご紹介

株式会社SGの完全サポート体制

株式会社SGは、あなたの新規参入・事業転換を全力でバックアップします。私たちは軽貨物運送業界のプロとして、あなたの成功が私たちの成功であると信じています。以下、私たちが提供するサービスの一部をご紹介します。

  1. 事業計画策定支援: 弊社では独自のノウハウからあなたに合った案件や事業モデルなどをアドバイスし、形にするための一助となります。市場分析、競合分析など、軽貨物の事業計画の作成に必要な要素を具体的にアドバイスします。

  2. 行政手続きサポート: 軽貨物運送事業を営むための資格取得は、一見難しそうに見えます。しかし、私たちは今までの何度も手続きを行なってますのであなたを支援し、手続きをスムーズに進行できるようアドバイスします。

  3. 運営ノウハウ提供: 新規事業の立ち上げに必要な運営ノウハウを私たちが提供します。物流ネットワークの構築、スタッフ配置、マーケティング戦略、必須ツールなど、具体的な知識と経験を共有し、あなたの事業を成功に導きます。

  4. 継続的なサポート: 事業が軌道に乗った後も、私たちはあなたのサポートを続けます。業績改善のアドバイスや最新トレンドの共有、トラブル対応など、あなたが安心して事業を続けられるよう、全面的にサポートします。

株式会社SGと一緒に、あなたのビジョンを実現しましょう。私たちはあなたが軽貨物運送業界で成功を収められるよう、全力でサポートします。新規参入・事業転換のパートナーとして、私たちにお任せください。

成功事例とパートナーからの声

弊社ではこれまでに多くの新規参入者や事業転換者をサポートし、

彼らが軽貨物運送業界で成功を収める手助けをしてきました。

実際の成功事例と、私たちとパートナーシップを組んだ事例をご紹介します。

新規参入・事業転換を成功させたパートナー企業の事例

事例1 - 株式会社ABC運送(仮名)

ABC運送株式会社は、元々解体業を営んでいましたが、市場環境の変化から事業転換を決意しました。私たちのサポートにより、無事に軽貨物運送業界に参入し、宅配案件などの地域に密着した案件を提供させていただき、その後に自社でも荷主への営業し新規受注などを成功させ、現在では地元で信頼される運送会社の一つに成長しています。

事例2 - XYZ株式会社(仮名)

XYZ株式会社は、元々不動産会社を営んでおり、新規に物流業界に参入した会社です。開業当初は既存ビジネスと両立していたため、スポット案件などの隙間時間活用から、私たちが包括的なサポートとノウハウの提供と案件提供をしました。結果的に現在では軽貨物運送の比重が増えて、継続して事業を営んでいます。

パートナーからの感謝のメッセージ

株式会社ABC運送(仮名)の社長

事業転換は大きな決断でしたが、株式会社SGの皆様のサポートのおかげで無事に達成することができました。特に、人材募集などのノウハウを惜しげもなく紹介していただき、面接フォローなども行なってくださいました。また、不測の事態にも専門的な知識と経験を持つスタッフが常に側にいてくれ、我々の質問や懸念に対して迅速に対応してくれました。

XYZ株式会社(仮名)の社長

私はこの業界を全く知りませんでしたが、株式会社SGより様々な案件提供などの支援のおかげで、信じられないほどスムーズに事業を立ち上げることができました。自社で荷主に対して営業する際にも、​「この点を重視した方がいい」など具体的な留意点なども教えていただき、受注成功後にはベテランドライバーを提供していただき、稼働開始できました。

これらの成功事例と感謝のメッセージは、株式会社SGが新規参入・事業転換を成功に導く確かなパートナーであることを証明しています。あなたも私たちと一緒に新たなチャレンジを始めてみませんか?

株式会社SGが提供するサポート

株式会社SGは、あなたが軽貨物運送業界で成功を収めるための一貫したサポートを提供します。当社の経験豊富なチームは、新規参入者や事業転換者が必要とするあらゆるサポートを提供します。

株式会社SGからの挨拶

代表挨拶

​代表取締役 庄司 秀彰

d40a6b8c8260508d2f0a79789a316d16-sticker.png

私たちは、あなたが軽貨物運送業界で成功を収められるよう、全力でサポートします。業界の深い経験と専門知識を活かし、新たなチャレンジに対するあなたの不安を和らげます。

軽貨物運送事業部マネージャー挨拶

社員 寺澤 巧

c7893a5b0f97f29d2174eb37065633d7-sticker.png

私たちの会社では、あなたが安心して業界に参入できるよう、必要なサポートを提供します。当社のサポートは、新規参入者が成功を収めるための重要な鍵となります。

株式会社SGの経験と専門知識

私たちは、軽貨物運送専門で2014年より現在の会社を運営しております。

多くの新規参入者と事業転換者を成功へと導いてきました。

当社の経験と専門知識は、あなたが必要とするすべてのサポートを提供します。

新規参入・事業転換を支える具体的なサービスと支援

STEP1

運営方法(開業から開業後のイメージ)をサポート

適切な運営方法を提案し、ベネフィットを具体化したうえで、事業開始後のイメージを与えます。

STEP2

開業に対するサポート

事業計画の策定から、資格取得、車両準備などの運営開始まで、プロセスをサポートします。

STEP3

管理体制(案件、ドライバー)をサポート

効率的な管理体制を構築し、研修などを行い、スタートアップの運送業務を全力サポートします。

STEP4

欠員、トラブルなどをサポート

予期せぬ問題が発生した際には、弊社の運送管理マネージャーが迅速対応し解決に導きます。

STEP5

車両に関する全般をサポート

適切な車両選定から、車両の取得方法や維持管理まで、全面的にサポートします。

STEP6

安定した仕事のサポート

多種多様な豊富な案件の中から、安定した仕事の提供を通じ、事業の安定性を確保します。

私たちは、軽貨物運送業界に深い理解を持ち、多くの新規参入者と事業転換者を成功へと導いてきました。当社の経験と専門知識は、あなたが必要とするすべてのサポートを提供します。

新規参入・事業転換を
成功させるためのノウハウ提供

株式会社SGでは、あなたが軽貨物運送業界で成功を収めるために必要な情報とノウハウを随時発信しています。私たちのブログ・記事、Instagram、そして公式LINEでは、業界の最新情報や成功のための秘訣、さらには実際の事例など、貴重な情報が満載です。

ブログ・記事

SG公式.jpg

ブログと記事では、業界のトレンドや新規参入・事業転換のための具体的なステップ、成功事例などを掲載しています。また、マニュアルとなるような情報も、惜しげもなく発信してます。業界で成功を収めるための重要な参考資料となります。こんな情報が欲しい!などのリクエストにもお答えします。

Instagram

 Instagram.png

私たちのInstagramでは、リアルタイムな情報を発信しています。全国の軽貨物運送に関わるユーザーとも繋がっており、成功したパートナー企業のストーリーや、私たちの日常の様子なども公開しています。これらの情報は、あなたが業界への参入や事業転換を考える際の重要な参考資料となります。

公式LINE

株式会社SGのLINE公式アカウント.png

公式LINEでは、定期案件募集やイベント時の高単価スポット案件などの情報を提供しています。また、個別でのアドバイスや、質問への迅速な回答にも対応しており公式LINEを通じてあなたと密接にコミュニケーションを取りながらサポートします。

軽貨物業界の収益モデル

軽貨物運送業界では、その売上と収益性について理解しておくことが事業の成功には不可欠です。

以下に、一般的な売上と収益についての基本的な概念を説明します。

売上について

軽貨物運送業の売上は、商品の種類、配送種別、取引先の契約内容、運送距離や時間、さらには業界の季節性などによって大きく変わります。一般的に、業務量(運送する貨物の量やサービスを提供する頻度)、サービスの質、そして荷主からの評価などが売上を左右する要因となります。

収益について

収益は売上だけでなく、運営コスト(人件費、車両メンテナンス費、燃料費、保険費など)や経営戦略(価格設定、マーケティング戦略、契約交渉力など)によって大きく左右されます。効率的な運営とコスト管理、そして高いサービス提供能力が、軽貨物運送業界での成功収益を生み出す鍵となります。

株式会社SGでは、これら売上・収益に関する深い理解と経験を活かし、お客様が事業で成功を収めるための支援を行っています。具体的な収益モデルの設定から運営戦略の策定まで、一緒に最適な解決策を見つけ出しましょう。

支出について

従業員の場合

従業員を雇用しドライバーとする場合、その人件費(給与、社会保険料など)が主な支出となります。また、社員の場合には労務管理やアルコールチェックや社員教育や福利厚生の費用や、システム導入費なども考慮する必要があります。さらに、軽貨物車の保有に伴う維持費(ガソリン代、車検費用、修理費など)も固定的な支出として計上する必要があります。

業務委託の場合

業務を委託(発注)する場合、その委託料(発注料金)が主な支出となります。この場合、業務委託者(発注側)が、自己所有の車両を使用することが一般的で、その場合の車両の維持費などは業務委託者(発注側)が負担します。しかし、その分、業務委託料を最重視されるため、適切な発注内容を決定することが重要となります。

これらの支出を適切にコントロールし、効率的な運営を行うことで、収益性を高めることが可能です。株式会社SGでは、これらの支出管理に関する豊富な知識と経験を活かし、お客様の事業運営を全面的にサポートします。

利益について

利益は、基本的に売上から支出を引いた金額を指します。軽貨物運送業界では、収益(売上)と支出を適切に管理することで、健全な利益を確保することが可能です。そのため、収益の向上と支出の効率化には、業界特有の知識と経験が求められます。

重要な点として、軽貨物運送業界では、車両の運用効率や燃料費の管理、労務管理などの業績に大きく影響を与える要素があります。これらを適切に管理し、最適化することで、利益率を向上させることが可能となります。これらの管理には深い専門知識が必要であり、株式会社SGではそのような専門的なノウハウを提供します。

軽貨物業界の具体的な利益例

軽貨物運送業界の利益(業務委託で発注した場合)は、一般的には売上の10〜20%程度とされています。例えば、月間売上が1000万円の場合、適切な運用により100万〜200万円程度の利益を確保することが可能となります。しかし、これはあくまで一般的な例であり、具体的な利益は業務内容、車両の運用状況、人件費や運営費の管理状況などにより大きく変動します。そのため、業務の適正な運営と管理が利益を最大化する鍵となります。株式会社SGでは、そのような業務運営と管理についての具体的なアドバイスや支援を提供します。

  • 【①役員・従業員がドライバー】

  • 【②個人事業主ドライバーへ委託】

  • 【③協力会社へ委託】

 

上記では、一般的な3つのモデルを掲載しました。いずれも1台あたりの1ヶ月稼働例となります。
①のケースで従業員がドライバーとして稼働するケースは、はっきり言って最も不合理です。理由としては労働基準法・派遣法などを遵守した場合に関しては、ほとんど原価(人件費や車両関係)で捻出してしまい、最終的に勘定するとマイナス(赤字)になる可能性もございます。
このため、モデルケースとしては、②(自社で個人事業主のドライバーを抱え委託する)か、③(協力会社への委託)となります。
【②個人事業主ドライバーへ委託】であれば、月間400,000万円の売上に対し、約15%程度の60,000円が利益となります。
【③協力会社へ委託】であれば、月間400,000万円の売上に対し、約10%程度の40,000円が利益となります。

軽貨物業界参入後の
成功事例/失敗事例

事業成功の鍵は、成功体験から学ぶだけでなく、失敗体験からも学びを得ることにあります。

このセクションでは、軽貨物業界への参入後に実際に生じた成功事例と失敗事例を詳細に解説し、参入企業が直面しうる課題やチャンスを具体的に理解するための情報を提供します。軽貨物業界への参入を検討している方々にとって、事業を成功に導くための貴重な参考情報となることでしょう。

開業時

成功事例

事業計画を明確に立て、開業に必要な手続きや準備を適切に行い、無事に開業を迎えることができました。開業初日からスムーズに業務を開始することができ、業績も予想以上に伸びました。

失敗事例

事業計画をまともに考えなかったため、開業準備が不十分で、開業日に予定していた業務が全て開始できませんでした。その結果、予想していた売上が確保できず、業績に影響を与えました。

報酬サイト

成功事例

事業者の中には、貨物運送の報酬を月末締めの翌月末に受け取る、つまり最大31日サイクルで運用する事業者があります。このサイクルは、流動資金を最小限に抑えることができ、企業の財務状況を安定させる効果があります。キャッシュフローがスムーズであれば、事業の拡大や新たな投資に取り組む余裕が生まれるため、ビジネスの成功を加速させることが可能となります。

失敗事例

一方、報酬の支払いが月末締めの翌々月末(最大62日サイクル)となる事業者も存在します。このような長い支払いサイクルは、事業の運営に必要な流動資金を大幅に増やす必要があります。資金回転が遅いことで、短期的なキャッシュフローの問題が発生し、経営上の厳しい状況を引き起こす可能性があります。特に、新規事業や事業転換初期の段階では、資金の余裕があまりないため、長い支払いサイクルは避けるべきです。

これらの事例から、貨物運送業界で成功を収めるためには、適切な報酬の支払いサイトを設定し、流動資金を適切に管理することが重要であることが分かります。株式会社SGでは、報酬を月末締めの翌月末に受け取る、つまり最大31日サイクルと設定し、財務の安定化を図るためのサポートを提供します。

荷主への営業

成功事例

荷主への効率的な営業活動を継続的に行い、新たな業務を多数獲得することができました。また、荷主からの評価も高く、長期的な取引関係を築くことができました。

失敗事例

荷主への営業活動の効率化や継続率が非常に不十分で、他社との差別化を荷主に対して訴えかけることが出来なかったため、新たな業務を獲得することができず、業績に影響を与えました。

ドライバー募集

成功事例

新規ドライバー募集の最適化を行うことで、多数の応募を得ることができました。これにより、業務量を確保し、業績を伸ばすことができました。

失敗事例

ドライバー募集が適切に行えず、広告費用だけが捻出されるばかりで、ドライバーを確保することができませんでした。その結果、業績に影響を与えました。

契約関係

成功事例

契約についてきちんと理解し、明確かつ具体的な内容を持つ事業者は、長期的なビジネスの安定につながります。各パートナーや荷主との契約内容は、互いの責任と期待を明確に示すものであり、問題が発生した際の対応もスムーズになります。

失敗事例

一方、契約内容があいまいだったり、全ての事項について理解していない事業者は、後々トラブルを引き起こす可能性があります。不明確な契約は、期待値のミスマッチや解釈の相違を生む元となります。

案件開始時の研修

成功事例

新しい案件を開始する際に、適切な研修を行う事業者は、案件の遂行がスムーズになります。研修により、必要な業務知識を身につけ、事業の成功に必要なスキルと態度を形成することができます。

失敗事例

逆に、知識や経験が不十分で適切な研修を受けずに案件を開始した場合、問題や誤解が発生し、作業の遅延や品質の低下を引き起こす可能性があります。適切報酬も受け取れず、ドライバーの士気低下に繋がりました。

トラブル対処

成功事例

事前にトラブル対応の手順を明確にしておくことで、実際に問題が発生したときに迅速に対応することができます。これにより、顧客満足度の維持や業務の遅延を防ぐことができます。

失敗事例

トラブル対応の手順が不明瞭や、そもそもどのようにトラブル解決するのが最適化をプランしてなかった場合、問題が発生した際に迅速な対応が難しくなり、顧客満足度が下がる可能性があります。

車両関係

成功事例

車両の新規取得フローや維持管理に関して十分な知識を持ち、最短取得や取得後の定期的なメンテナンスを行うことで、運送業務の効率化と車両の長寿命化を実現する事業者がいます。

失敗事例

一方、新規取得の最適なプランや取得後の車両のメンテナンスを怠ったり、適切な車両管理が行えていない事業者は、頻繁に車両トラブルが発生し、業務遂行に影響を与える可能性があります。

貨物保険

成功事例

適切な貨物保険を加入することで、輸送中の事故や災害による損失から事業を保護する事業者がいます。これにより、予期しないリスクからビジネスを守り、安心して業務を遂行することができます。

失敗事例

一方、車両の任意保険加入だけに留めて貨物保険に加入せず、輸送中の事故や災害が発生した場合、全ての費用を自己負担しなければならない場合があり、事業に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

成功・失敗の事例表

事業再構築補助金制度を利用して
他業界から軽貨物業界へ

企業はビジネスを継続するうえで、予測不能な様々な状況や困難に直面することがあります。時には、業界全体の状況や内部の問題が、企業の成長や安定を阻害することもあります。このような状況下では、一部の企業はビジネスモデルを転換するか、全く新しい業界への参入を検討することもあります。

ここで重要なのが、新しい業界への移行やビジネスモデルの変革に伴うコストです。多くの企業にとって、起死回生のチャレンジとなってしまった状況からのコストは、非常に大きな負担となります。

しかし、国の支援制度を活用することで、これらの問題を軽減することが可能な場合があります。

 

その一つが、「事業再構築補助金制度」です。

「事業再構築補助金制度」とは

事業再構築補助金制度は、経済産業省によって設けられた制度で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて事業を再構築する中小企業・小規模事業者を対象としています。この制度を利用すると、新規事業の立ち上げに必要な費用の一部を補助金として受け取ることができます。

補助金は、新たな事業計画の立案から具体的な実行に至るまでの一連のプロセスに対して使用することができます。これにより、企業は新しいビジネスモデルの開発や他業界への参入など、事業再構築を円滑に進めることが可能となります。

この制度を活用することで、他業界から軽貨物業界への参入を検討している企業にとっては、新しい事業の立ち上げに関する負担を大幅に軽減することができます。このように、事業再構築補助金制度は、他業界から軽貨物業界への移行をサポートする有力な手段となり得ます。

「事業再構築補助金」リンク

以下に事業再構築補助金制度に関する詳細な情報を提供するリンクを記載します。

これらのリンクを通じて、より具体的な制度内容や申請方法について確認することができます。

事業転換までの流れ

事業の再構築や新規参入は、経営者にとって大きな挑戦であり、同時に多大な労力を必要とします。このセクションでは、弊社への問い合わせから軽貨物業界での稼働開始までの具体的な手順を明確に説明します。

お問合せ

-約1~3日間-

まず第一歩として、弊社への問い合わせをお願いします。当サイトの問い合わせフォーム、メール、ZOOM予約または電話での問い合わせが可能です。この際、ご希望のサービス内容、事業の規模、予算など、具体的な要望をお知らせいただくとスムーズです。

商談日程調整

-約2~3日間-

問い合わせを受けた後、弊社からご連絡させていただきます。その際、具体的なサービス内容や契約条件について詳しく話し合うための商談の日程を調整します。

​※ZOOM商談ページより日程を選定し予約をいただいた場合には、当社からの商談前のご連絡は行いませんので、予めご了承ください。

事業開始までの流れを説明

-約2~3日間-

商談では、事業開始までの具体的な流れを詳しく説明します。具体的な手続きの手順、必要な資金、サポート内容など、事業開始に必要なすべての詳細について説明します。

契約意向確認

-約3~5日間-

事業開始の流れを理解し、弊社のサービスに興味を持っていただけたら、次に契約の意向を確認します。ここでは、具体的なサービスの内容や契約の条件について、再度確認します。

契約締結

-約3~5日間-

契約の意向が確認できたら、契約書の締結に進みます。弊社では電子契約書(freeeサイン)を用いて、契約締結を行います。両者の合意事項を明確に記載することで、後のトラブルを防ぎます。

開業準備、車両準備

-約5~10日間-

契約締結後は、具体的な事業開始に向けての準備期間に入ります。この期間に、資格取得や必要設備の設置や車両の準備など、軽貨物運送事業を開始するために必要な事項を進めていきます。

弊社より業務の発注

-3~5日間-

開業の準備が整ったら、弊社から業務の発注を開始します。業務開始日程・研修日程などを調整し、いよいよ実際の事業活動がスタートします。 

稼働開始

-スタート-

弊社からの業務発注が開始されたら、実際の稼働を開始します(最初は研修です)。これで、新たな軽貨物運送事業者としての一歩を踏み出すこととなります。

新規事業始動(稼働開始)までの流れは、全てを最短で行った場合には、20日前後でスタート可能となります。ただし、車両を自身で新規調達する場合(ローン、リースの場合)には、1ヶ月前後車両取得だkで時間を要しますので、予め認識をお願いいたします。なお、納車までは弊社車両も貸出可能です。

諸条件

当社とのパートナーシップを検討する際に重要な情報を以下に提供します。

条件に関しては法改正や情勢や協議などによって、変動もございます。

インボイスに関して

当社は、課税事業者のため、令和5年10月施行の法改正に伴い、インボイス制度(適格請求書)に従った請求方法を行います。既に適格請求書発行事業者登録も完了しております。また、令和6年より実施される電子帳簿保存法に沿った請求システムを利用して行っていきます。報酬計算の透明性が保たれ、パートナー企業との信頼関係を強化します。

​以下、公表サイトです。

適格請求書発行事業者公表サイト

サービス利用料金

当社が提供した案件に関しては、売上代金よりサービス利用料金(ロイヤリティ)を徴収します。具体的には、インボイス適用事業者は10%、インボイス未適用事業者は15%の利用料金が発生します。この料金は、当社が提供する各種サポートとサービスの運営費用をカバーするために必要なものであり、安定的なサービス提供のために徴収します。

しかし、月額固定費やグループ料金のような使途不明なサービス費用を徴収することはございません。

サポート内容

当社は、パートナー企業が事業を円滑に運営できるよう、様々なサポートを提供しています。これには、案件を稼働するために必要な研修、情報共有ツールの提供、ビジネス拡大のための戦略的アドバイスなどが含まれます。また、配送業務に関する疑問や問題が発生した際には、専門のサポートチームが迅速に対応します。

車に関して
(軽貨物車のレンタル)

配送業務には、軽乗用車または軽貨物車が必要となります。

※原則として車両は黒ナンバー

また、車両は協力会社または自身で保有しているものを使用いただきます。しかし、弊社の稼働状況によっては、必要に応じて短期車両レンタルをすることも可能です。当社はパートナー企業が適切な車両を確保できるよう、レンタル業者との連携も行っています。

貨物保険

当社より紹介する案件を稼働いただく際には、貨物保険(最低500万円)が必須です。もしも、自社で貨物保険加入をしていない場合には、ドライバー毎に月額上限1,000円にて弊社加入の貨物保険(500万円)を適用することも可能です。※スポット案件などは、1日あたり100円を徴収します。

貨物保険とは、運送中に起きる貨物の紛失・損傷や台車などを使用中に起こしたトラブルに対して補償を行う保険です。

これらの条件は、当社とパートナー企業が共に信頼関係を築き、

持続可能なビジネス関係を維持するための重要な要素です。

具体的な内容については、提携のご相談の際に詳しく説明します。

軽貨物運送業への
新規参入・事業転換のお問い合わせ

新規参入や事業転換は一歩踏み出すのに大きな決断が必要です。特に、経験のない業界への飛び込みは、不安や疑問が多いものです。ここで生じる疑問は、小さなものから事業運営全体に関わるものまで様々でしょう。株式会社SGは、そのような皆さまの疑問や不安を解消し、円滑な事業運営を実現するための情報提供を目指しています。そのために、さまざまなお問い合わせ窓口を設けております。

よくある質問とその回答

軽貨物運送業への参入や事業転換を検討する際、"軽貨物運送の許可はどう取得すればいいのか?"、"業務を開始するにあたり必要な設備は何か?"、"事業として成り立つために必要な収益はどの程度か?"等、具体的な手続きから運営のコツまで、多岐にわたる疑問が生じることでしょう。

それらの疑問に対し、過去の経験や知識をもとに具体的な解答を提供しております。

 Q,軽貨物運送業への参入に必要な資格は何ですか?

貨物軽自動車運送事業経営届出書の届出や、黒ナンバーの取得や運転するために必要な運転免許証などが必要です必要です。

 Q,開業資金はいくら必要ですか?

車両の取得台数や種類など、事業の規模などによりますが、イニシャルコストでは最低でも100万円程度が必要となることが多いです。

 Q,売上が見込めるまでの期間はどれくらいですか?

事業計画にもよりますが、一般的には開業後3~6ヶ月程度で安定した売上が見込めることが多いです。

 Q,軽貨物運送業における利益率はどれくらいですか?

一般的には委託する場合には、売上の10%~20%が相場です。

 Q,株式会社SGはどのようなサポートを提供していますか?

株式会社SGでは開業準備から業務運営、トラブル対応まで幅広くサポートしています。具体的には運営方法の指導、開業に対するサポート、管理体制の整備、トラブル対応、車両関連の全般的なサポート、安定した仕事の提供などがあります。

 Q,開業に必要な手続きは何ですか?

貨物軽自動車事業者の許可を取得すること、事業所の設定、車両の準備や保険加入、各種税務関連の手続きなどが必要となります。

 Q,軽貨物運送業は独立開業とフランチャイズ、どちらがいいですか?

SGではフランチャイズはお勧めしてません。しかし、どちらが良いかは、あなたのビジネススキルや経験、リスク対応能力などによります。フランチャイズの場合は、確立されたビジネスモデルやブランド力を利用することができますが、運営方法に一定の制約があります。一方、独立開業の場合は自由な経営が可能ですが、全てを自分で行う必要があります。

 Q,軽貨物運送業のリスクは何ですか?

ドライバーの確保や高単価案件の確保、事故対応、経済状況の変化などが主なリスクとなります。

 Q,トラブルが起きたときの対応はどうすればいいですか?

トラブルが起きた場合は、まずは落ち着いて状況を把握し、必要な対応(警察や消防庁など)に連絡や保険会社・レッカーサービスなどに連絡します。また、株式会社SGではトラブル発生時のサポートも行っています。

 Q,事業再構築補助金制度とは何ですか?

事業再構築補助金制度は、新たなビジネスモデルを導入し、事業再構築を行う中小企業を支援する制度です。この制度を利用すれば、軽貨物運送業への新規参入や事業転換にかかる費用の一部を補助金として受け取ることができます。

 Q, 軽貨物運送業において必要な車両は何ですか?

軽貨物運送業に必要な車両は業務内容や規模によりますが、一般的にはワンボックスカーなどが利用されます。

 Q,車両の購入とリース、どちらがおすすめですか?

これはあなたの資産規模やキャッシュフローによって大きく異なります。車両の購入は一度の出費が大きいですが、リースは初期投資が少なく済みます。

 Q,初めての事業として軽貨物運送業を選ぶメリットは何ですか?

軽貨物運送業は参入障壁が低いことや安定した需要があることです。

 Q,売上を上げるためのポイントは何ですか?

ドライバーの確保と適切な管理、荷主との良好な関係構築、効率的な運営、正確な料金設定などが売上向上のキーとなります。

 Q,荷物を運ぶときの注意点は何ですか?

荷物を運ぶときは、荷物の扱い方や積み込み方、安全運転などに注意が必要です。また、破損や事故を避けるために適切な貨物保険に加入することも重要です。

 Q,軽貨物運送業の事業展開の際に最も重要な要素は何ですか?

優れたサービス提供、適切な車両管理、効率的な運行管理、そして継続的な荷主獲得と満足度向上が事業成功の鍵となります。

 Q,弊社と契約を結ぶ際の注意点は何ですか?

弊社との契約を結ぶ際は、契約内容を理解した上で署名することが重要です。また、不明点がある場合は契約前に弊社にご確認ください。

 Q,軽貨物運送業で最も稼げる領域は何ですか?

収益性は業務内容、契約条件、管理効率などにより異なります。しかし、一般的には大量の荷物を効率的に運ぶことが収益向上のための重要な要素となります。(宅配案件などが挙げられます)

 Q,営業活動はどのように行うべきですか?

営業活動は顧客のニーズを理解し、それに合わせたサービスを提供することが基本です。また、定期的に顧客とコミュニケーションをとり、サービスの質を維持・向上することも重要です。

 Q,事業を拡大するための方法は何ですか?

事業を拡大するためには、荷主の拡大、サービス範囲の拡張、新たな人員の確保などが考えられます。

 Q, SGのサービスを利用するための費用はどれくらいですか?

当社が提供した案件に関しては、売上代金よりサービス利用料金(ロイヤリティ)を徴収します。具体的には、インボイス適用事業者は10%、インボイス未適用事業者は15%の利用料金が発生します。

 Q,稼働開始までにどれくらいの時間が必要ですか?

稼働開始までの時間は、車両の準備状況や運転手の確保状況などによりますが、一般的には数週間から数ヶ月程度を見ておくと良いでしょう。

 Q,車両を所有していない場合でも運送業を始められますか?

車両を所有していない場合でも、リースやレンタルを利用して運送業を始めることが可能です。

 Q,SGとの契約後、サポートはどのように受けられますか?

契約後も、業務に関する疑問点やトラブルがあれば、いつでも弊社までご連絡いただければ対応いたします。

​上記で紹介した以外のQ&Aに関しては、以下のページをご確認くださいませ。

無料ZOOM相談の予約

質問や疑問はそれぞれ異なるため、個別の相談に対応することが大切です。そのために私たちは無料のZOOM相談を提供しています。ビジネスプランの検討から実際の運送業務の細部まで、何でもご相談ください。予約制なので、皆さまにとって都合の良い時間に相談可能です。

お問い合わせ

軽貨物運送業への参入を考える際、思いつく疑問をすぐに解決することが重要です。

24時間いつでも問い合わせ可能なフォームを設けております。

株式会社SGでは、皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

あなたの軽貨物運送業への新規参入・事業転換を、私たちと一緒に成功へと導きましょう。

スクリーンショット 2022-07-13 15.31.27.png

CONTACT US

事業転換(新規参入希望)

ご相談は

電話.png
問合せフォーム.png
メール.png
LINE.png

上記よりお問合せいただけます。