軽貨物ドライバーの1日を徹底解説




軽貨物ドライバーの1日の過ごし方

(ドライバー目黒さんの場合)

「軽貨物ドライバーをやりたいけど、プライベートはあるの?」「軽貨物ドライバーって過酷なんでしょ?」などの意見を多くいただきますので、弊社で活躍する目黒さんの1日の流れについて当記事では解説していきます。


 軽貨物運送事業のドライバーは基本的に依頼主(営業所等)の場所へ直行し、荷主様へ配達終了後、締め作業を終えたら現地から直帰する(直行直帰)ケースが多いです。


 ここでは弊社ドライバーの1日の流れをご紹介します。

☆株式会社SG軽貨物ドライバー 目黒さんの1日〜平日編〜☆

6:00 起床、朝食

7:00 息子とジョギング、出勤準備

8:00 営業所着車

    積込等出発準備

9:00 配達開始

11:30 午前中配達終了(営業所に戻ります)

12:00 昼食(愛妻弁当)、仮眠、プロスピタイム(プロ野球スピリッツ)※課金はしない派です。

13:00 午後の配達開始

15:00 間食(ガリガリ君2本※1本は当たりました!)

16:30 営業所帰社

    締め作業、日報提出、※所長や社員さんともコミュニケーションを忘れずに‼︎

17:30 帰宅

    犬の散歩、入浴

19:00 夕食

    本日はみんなでプロ野球を観ながら大好きなカレーを食べました。※因みに息子はサッカーをやってます。笑

21:00 妻と晩酌

    アルコールが残らないように22:00まで!※目黒はハイボール派です。

23:00 就寝

    明日の準備も忘れずに。

 上記のスケジュールは、軽貨物運送業界のメイン業務でもある【宅配業務】を行なっている弊社ドライバー目黒さんの1日になります。朝は多少早起きになりますが、帰宅時間が早いので家族との時間も作れているのがわかります。さて、次は休みの日の1日をご紹介致します。

☆株式会社SG軽貨物ドライバー 目黒さんの1日〜休日編〜☆

7:00 起床、朝食

9:00 息子のサッカー応援

 本日は息子のサッカーの試合なので家族で(犬も)応援に来てます。息子のポジションは左サイドバックで尊敬してる選手は長友選手です。

目黒的にはロベルト・カルロス(元ブラジル代表)みたくなってほしいと願っています。

12:00 帰宅、昼食

 サッカーを終えて帰宅しました。目黒はお酒を飲みたいのですが、家族サービスが残ってるので我慢します。

本日は息子のサッカーでしたが、実は目黒も現役草野球人なので(ポジションはキャッチャーです)月2回程河川敷のグラウンドで野球をやっています。

13:30 家族サービス

 本日のお出掛けは映画館に行きました。子供から大人まで楽しめる映画をチョイスしたので目黒も【全集中】して観れました。

その後はショッピングモールでお買い物をして妻にも喜んでもらえました。

18:00 夕食

 目黒家の日曜日の締めは外食になります。平日は朝早くから妻にサポートしてもらいお弁当まで作ってもらってるので日曜日は外食をしてまた明日からの一週間に備えます。

本日は息子もサッカーでそれなりに活躍していたので焼肉にしました。

目黒もハイボールと共にお疲れ様会です。

21:00 家族団欒タイム

 家に帰宅して先週の振り返り、明日からの一週間に目標を立て家族会議をします。

特に真面目な話はしませんがこの時間が目黒は一番好きです。また明日から頑張ろうと思えるのです。

23:00 就寝

 目黒の休日が終わります。リフレッシュできたのでまた明日から頑張ろうと思います。

 休日は仕事から離れて完全にオフな状態で過ごせています。

軽貨物ドライバーの1日はハードな分、休日はしっかりと休めるようにシフトを組む事が大事になってきます。弊社のドライバーさんはメリハリをつけて仕事に取り組んでいて、日曜日には野球部の活動があったり、休日前にはみんなで飲みに行ったりなどして交友を深めています。



軽貨物ドライバーの仕事内容について

 軽貨物の仕事内容は大まかに言うと『依頼された荷物を予め定められた場所へ配達』することになりますが、一言で【配達】と言っても、色々な種類があります。

種類によって配達する件数や個数も違えば時間も変わってくるのです。



〜軽貨物ドライバーの仕事の種類についてご紹介〜


  ★宅配★

 個人宅への配達になります。佐川急便やヤマト運輸などと業務委託契約を交わして宅配業務を行います。

エリア毎に分かれているので持ち場は基本的に変わりません。

時間帯や時期によって配達する荷物の量も多少変わりますが、フルタイムで週5、6日稼働も可能なので軽貨物の仕事では宅配が割合として大きく占めています。

その日によって物量も差があるので少ない日は近隣エリアにフォローへ行ったり、自分のエリアの物量が多ければ逆にフォローをしてもらい、助け合いながら配達を行います。

  ★ルート配送★

 決まったエリア内の中で各お客様へ配達する業務です。

個人宅であれば定期便・企業では食品、資材、薬品、などの納品でこちらも決まったお客様への配達になります。

宅配と違って顧客数が限られていて、配達先が決まっているのでお客様との距離が近く、そこから営業にも繋がる事が多くあります。

お客様によっては配達先での受注、在庫管理の作業もあるのでコミュニケーション能力が必要になります。

  ★スポット便★ 

 宅配・ルート配送と違い、スポット便は【単発】の仕事になります。

突発的な仕事になるのでフルタイムで勤務できない方は、空いた時間を活用できるスポット便を選択するのです。

金額的にも1日で換算したらスポット便の方が稼げますが、毎日スポット便のお仕事が取れる訳ではないので中々安定はしません。

主婦の方は 【平日=宅配+土日=スポット便】 のように組み合わせるドライバーもいます。

  ★チャーター便★

 法人の依頼が圧倒的に多く、荷主も複数ではないので複雑な配達ではありません。

スポット便同様に【単発】の仕事になります。

チャーター便とスポット便の違いは、スポット便はお弁当配達などの複数の依頼を遂行するのに対し、チャーター便は長距離案件がメインです。

【チャーター=貸切】契約した時間内を荷主の指示通りに配達しますが、複数の荷主の依頼ではないのがチャーター便になります。

積み込み先→納品先(1件納品)がほとんどです。

単価もスポット便同様に多少上がるので、基本的には長距離での依頼になります。 


  ★引越し★

 軽トラック(幌車)を使用して引越しの運搬を行う業務です。最大積載量が350㎏の為、単身引越しなどでの利用がほとんどです。

軽貨物の中では特に重労働になりますが、引越し業者と比較すると格安なので引越しの仕事も増え続けています。

荷作りや荷解きなどの作業をドライバーは行わず、あくまで引越し荷物を運ぶ事がメインとなります。

今後の軽貨物運送業界について

 近年では、EC需要が高まりオンラインでの購入利用者が増加し続けてる状況です。

新型コロナウイルスの蔓延に伴う緊急事態宣言が大きく影響しており、宣言が解除された現在でも、宅配が増え続けてるのが現状です。

 また、令和3年4月16日時点では、東京都23区(弊社オフィスの足立区含む)各地域でも、通称【まん防】=まん延防止等重点措置が適用されており、宅配の仕事が今後も増加傾向にあることが伺えます。

 現在、軽貨物ドライバーの業務は政府も【ライフライン】と認定しております。

記憶に新しい令和2年3月13日に成立された【緊急事態宣言】の際にも、政府は物流をライフラインと指しており、供給を止めてはいけないと大きく発出していました。


 同時に物流のラストワンマイルを担う軽貨物ドライバーの業務は、感染リスクとも隣り合わせの状況で、体調管理はマストです。

また、軽貨物ドライバーの多くは個人事業主のため、感染で休業が続けば労働対収益である収益は言うまでもなく入ってこないため、リスクが高いことも事実です。

 当記事では、軽貨物ドライバーの1日の流れについてを解説しましたが、リスクを最小限に抑えて、共に【ライフライン】を守っていきましょう!!


軽貨物ドライバーの1日〜まとめ


 当記事では、弊社軽貨物ドライバーである【目黒さん】の1日を抜き取って、一例を紹介しました。どのような仕事を選択するかによって、ワークライフバランスはそれぞれ異なります。


 比重を【プライベート(自由な時間)>稼働時間(稼ぎ)】にする事も、【稼働時間(稼ぎ)>プライベート(自由な時間)】にする事も、自分自身で取捨選択できるのは『個人事業主の大きなメリット』と言えます。

 働き方の選択によって労働対収益は収益率は上がりますし、稼げる業種ではあります。

弊社ではこれまでの経験・知識を活かして、これからも自社サイトやブログを通じて発信していきます。※近くYouTube発信も行う予定です。


「軽貨物に興味のある方」「これからスタートしようと考えてる方」「お悩みや不安を抱えてる法人様・個人様」は、是非弊社にご相談ください。